ホーム > Hardening Project 2016 > 募集要項 – Hardening 10 MarketPlace

募集要項 – Hardening 10 MarketPlace

  • 2015/04/24 17:02

皆様、ゴールデンウィーク進行、おつかれさまです。本日、この6月20,21日に開催する計画のHardening 10 MarketPlaceの競技参加者募集を開始いたします。

募集にあたって

このたびの開催地は、沖縄県宜野湾市です。沖縄は、国内のどこからでも利便性の高いハブ拠点であり、恐らく皆様の予想よりもはるかに安価に訪れることができます。また、魅力的なネットワークとさまざまな文化が交わるところです。これまで東京開催に参加された全国のエンジニアの方々にも、もちろん、ここ沖縄で活躍しておられるエンジニアの皆さんにとっても、またとないコラボレーションへの参加機会となることでしょう。沖縄県内はもちろんのこと、全国でサービス構築・運用をがんばっておられる実務経験者の積極的なご応募を期待したいと思います。

応募単位とチーム編成

今回は、国内外からのすべての参加希望者は、1, 2, 3名 の単位でお申し込みになれます。
競技におけるチーム編成は5〜6名としますので、すべての参加者は、少なくとも数名の新たな顔合わせを含むメンバーから成る競技チームを結成することになります。
このコラボレーション・チーム対抗で、それぞれに託された問題のある脆弱なウェブサイト(Eコマースサイト)を、決められた比較的短い時間であらゆる手だてを尽くして堅牢化し、売り上げが最大化するよう調整していきます。
各メンバー、チームの奮闘により、この競技時間内に発生する攻撃や不具合に対応する技術施策、コミュニケーション、記録などバランスよくこなすことの総合力、いろいろなやり方があることなどが浮き彫りになることでしょう。
それぞれの成果は定量的にスコアリングされ、評価の根拠となります。

2015年6月20日Hardening Dayは、参加者は午前9時30分、沖縄県宜野湾市 沖縄コンベンションセンター内のHardening 10 MarketPlace会場にお越しいただきます。顔合わせなどは前日に行うこともできるでしょう。短いブリーフィングの後、10時より堅牢化競技に入ります。今回は8時間を予定しています。

翌日Softening Dayでは、健闘を振り返り、学びを深めます。同会場において、主催者(攻撃チーム)からの競技環境の解説、参加全チームによる振り返りプレゼンを行い、重要なサービスを担うウェブサイト運営において不可欠なノウハウを数多く学ぶことができます。

第一日目の夜には互いの健闘を讃えるネットワーキングパーティや、第二日目の昼食〜午後にかけて美しい海を前にしてのビーチパーティーなど、この二日間には、懇親を深める機会も計画する予定です。

新たなコラボレーションを、どうぞご期待ください。

開催概要

  • 日時:Hardening Day 2015/6/20 9:30 〜 Softening Day 2015/6/21 14:30ごろ三々五々解散
  • 場所:沖縄県宜野湾市 沖縄コンベンションセンター (Hardening Day, Softening Dayは同様)
  • 参加対象者:産・官・学問わず、システム運用、セキュリティインシデント対応、ウェブ構築、顧客対応などの実務経験者、関連する役割を志す学生の方々
  • 協力:情報通信研究機構 北陸StarBED技術センター,情報通信研究機構 サイバー攻撃対策総合研究センター(CYREC),  OWASP Japan
  • 協賛:株式会社ラック, 株式会社インターネットイニシアティブ,マイクロソフト株式会社, 株式会社富士ゼロックス  ほか
  • 主催:WASForum Hardening Project
  • 競技参加費用:無料(*1)
  • twitter @WASForum ハッシュタグ:  #h・m

(5/11追記)
*1 ただし、昼食ならびに懇親会の費用(合計5000円程度)はご負担いただきます。この費用はスポンサーシップにより軽減されることがあります。

応募条件

過去の参加経験に関わらず、どなたでも、お申し込みになれます。参加者は以下の条件を満たしていなければなりません。お申し込みになるということは、この条件を全面的に承諾しているということになります。

  1. 匿名希望の方の参加はできません。基本的に、参加者が所属する会社名は特に許可をいただかない限り、公開しません。業種などを社名や個人を特定しない方法で示すことはあります。
  2. 参加者は完全に自費で参加できること。参加者は、実際的な範囲で健康であり、特別な支援がなくても自力で2日間の競技やそれにまつわる全行程に参加することができること。
  3. 参加者の人種、出身国を問いません。競技関連の情報は日本語あるいは英語で提供されます。
  4. Hardening Day、Softening day両方に参加し、ふりかえりのプレゼンテーションの実施に貢献できること。
  5. システム構成や技術情報など、Confidential/内密扱いとして開示されるものについて内密を保つこと。
  6. 18歳未満の参加者については、保護者との連絡の上、同意書など必要な書類を提出できること。
  7. イベントのルールや、提出物の〆切日時などの取り決めを守ること。
  8. このイベントの様子は、報道、インターネット中継、写真の公開により予告なく公開されることがあることを承諾すること。
  9. 競技に使用する自分用のパソコンやソフトウェアなどを自分で準備できること。

応募方法

以下の内容をメールにて、To: hardening at wasforum.jp まで、Subjectに「#h・m参加応募:お名前(代表者)」としてお送りください。応募のために記載した事柄の中で、非公開な内容を含むのであればその場所に<非公開>と明示してください。なお、事前に実名をサイト掲載はいたしません。

  • 申込単位(いずれか):・ティーチ枠(1名)・ターチ枠(2名一組)・ミーチ枠(3名一組)
  • 申込者について以下のすべてを記載してください。
    • 申込者(複数の場合、全員)の情報:氏名(実名)
    • ニックネーム
    • 連絡可能な電話番号
    • twitterアカウント、facebookアカウントのURL (あると便利です)
    • メールアドレス(メイン)
    • メールアドレス(競技期間中に閲覧可能なもの)
    • 所属団体
    • 個人の自己紹介(200文字程度以内。スキルなど)
  • 申込単位の自己紹介。この競技への参加動機や、自分たちの競技参加によってこの競技会にどのような貢献ができるのか、またどんな成果を期待しているかを含めてください。

応募〆切と参加承認

どんな人でもこの競技から学べることは多いので、自分はそれほどエキスパートでないと思われる方でも、遠慮なくご応募ください。また、今回はSECCON全国大会において防御力国内最大チームとしてHardening 賞を受賞なさったBinjaチームにシード権があります。

応募〆切は、以下の3段階設けます。定員は40名程度に設定しています。どの期限も、この数を超えた場合には設定された応募〆切を待たずに受付を終了します。申込時期によって、承認の手段が異なります。できるだけ早めにお申し込みください。

Super Early Birds(4/26 終了)

  • 〆切:4月26日日曜日 正午(55日前)
  • 参加承認条件:インシデント対応経験者ならではの、さすがの情報収集力と決断力を買い、応募内容に不足がない限り即承認します。遠方からの参加であれば、最速で飛行機と宿の予約が可能です。メール不達やなりすましなどを防ぐため、念のため承認メールの返信をお待ちください。


Early Birds(4/26 廃止)

  • 〆切:5月7日木曜日(44日前) 17:00
  • 参加承認条件:GW中にも関わらず検討や調整を行われたことを評価し、応募内容が完全である限り、参加審査を行いポジティブに評価し承認します。遅くとも、5月8日中にご返信します。

Birds

  • 〆切:5月23日土曜日(28日前) 22:00
  • 参加承認条件:厳正な審査を行い、5月27日までに結果をご返信します。
  • 特記事項:審査結果のご連絡までは、参加が決定になりません。

それでは、楽しみにしております。
WASForum Hardening Project 実行委員会

ホーム > Hardening Project 2016 > 募集要項 – Hardening 10 MarketPlace

Social

ページの上部に戻る