Home

Web Application Security Forum – WASForum

Hardening II SU

本日3月25日、かねてよりお知らせしておりましたHardening Projectの本年第一回目の競技会について詳細を発表し、また本日より参加者の募集を開始したことをお知らせします。Hardening II SU(ハードニング・ツー・エス・ユー)と名付けられたこの競技会は、7月4日と5日の2日間、北海道札幌市で開催します。

Hardening 競技会は、これまで参加したことのない、技術者、非技術者を熱烈に歓迎しています。もちろん、Hardening ZeroからのすべてのHardening本大会の参加経験者、さらに、MINI Hardening、Micro Hardening、また企業内で開催されたすべての堅牢化競技会の経験者も歓迎します。これにより、セキュリティ堅牢化を目指す「それぞれがセキュアになる手だてを選択し、それぞれのゴールに到達する」ことの価値を顕在化し、共有する機会としたいと考えています。

この度の競技会の詳細については、Hardening II SU 募集要項をご覧ください。

Hardening II SU 開催に向けて メッセージ

− 我々は、スピード感をもって「衛る」ことが出来ているだろうか。

我々 Hardening Project はこれまで、衛る総合力に優れたチームを発掘し、顕彰してきた。しかし、競技終了後の事後評価だけでは見えてこないことも多い。たとえば、リアルタイムに的確な状況認識ができていたかどうか。判断やコミュニケーションを先送りにせず、組織として前進できていたかどうか。事象ごとに適切なスピード感をもってハンドリングし、結果として迅速な事案対処ができたかどうかが今、まさに問われている。

これらが問われるのは Hardening の競技環境の中だけではない。国内外で続発しているインシデントを俯瞰して浮かび上がってくるのは、このようなスピード感の欠如だと言わざるを得ない。

たとえ、セキュリティが専門でなくても構わない。当事者意識をもって、顧客やビジネスへの影響をイメージして適切な優先度で動けるかどうか。そして、当事者としての動きが、日々の訓練や演習の成果を反映した、洞察と経験に裏打ちされたものであるかどうか。これらが、インシデント対応の端々に滲み出てくるのだ。

だからこそ我々は Hardening を提供しているのだ。

今回、我々は「衛る総合力」を希求する新たなステージを設定する。そう、これは本当の「衛る総合力」を備えた「組織のかたち」を探す旅の、新たなステージなのだ。
スケール感の大きな土地で、新たな好循環を生み出そうではないか。

Hardening II SU 開催に向けて、
Hardening Project実行委員長 門林雄基

ハッシュタグ

#HIISU #北海道

詳細は:

Hardening II SU 募集要項

Home

Social

Return to page top