Home > episode

episode Archive

Hardening Episode: 熱意は競技参加者を凌ぐ勢い!? セキュリティ競技Hardening Projectに参加するスポンサーベンダとそのチャレンジ

Hardeningエピソード

セキュリティ脆弱性が放置されたECサイトを、8時間という限られた時間の中で堅牢化し、売上などを競うHardening Dayと、競技中での学びを共有する Softening Dayのセットで開催される、“衛る” セキュリティ競技Hardening Project(以下、Hardening)。2018年の第一回目は7月に沖縄県宮古島市JTAドームにて開催され、競技参加者たちと運営スタッフやスポンサーなど150名以上、さらに地元見学者も50名以上が集った。

※Hardening Projectの競技環境の全ては、情報通信研究機構(NICT)のテストベッド「北陸StarBED技術センター」にて構築されている。

 本競技会でのスポンサーたちは、ただの“スポンサー”だけではない。多数のベンダが、一般競技参加者と同じか、それ以上の熱意をもって“競技参加”しているのだ。今回の記事では、この競技会にスポンサーベンダが参加するための仕組み「マーケットプレイス」について、競技環境の構築全てを一手に担う、Hardening実行委員の安田真悟氏へ話を聞いた。スポンサーベンダがどのような商品やサービスを引っさげて参加しているのか、ということにフォーカスして、お伝えしていく。また、最も競技チームへの貢献が高いベンダを表彰する「MVV賞」を受賞したばかりの、シスコシステムズ合同会社(以下、Cisco)の坂本祐一氏のミニ・インタビューを織り混ぜてお送りする。
Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ホーム > episode

Social

Return to page top